紅茶のティーパックは何回使えるか実際にやってみた

 

スポンサーリンク

11月1日は紅茶の日

日本紅茶協会により、本日11月1日は紅茶の日と定められています。

大黒屋光太が日本人として初めて、外国での正式なお茶会に招かれ、紅茶を飲んだ日が1791年の今日だからなのだそうです。

そんな紅茶の日を記念して、紅茶の増量キャンペーンや割引セール、限定パックの販売などいろんな企画が盛りだくさんです。

そんなわけで、この貧乏飯レシピでも何か紅茶に関してやってみる事にしました。

 

紅茶のティーパック1つで何杯飲めるか?

今回使用したのは業務スーパーで購入した

50個入り297円のアールグレイ です。

ティーパック1個あたり約6円ですね。

 

ホットティー編(一杯ずつ作る)

一杯目


水は一杯200㏄入れました、


これを電子レンジの「飲み物温め」で温めます。


1敗目をレンジにかけています。待つこと約2分


1杯目が出来上がりました。いい色です。


コーヒーフレッシュを入れます。
メガドンキで20個入り50円で買ったものです。

 


これぞミルクティー色。

 


2杯目をレンジにかけます。

え? 1杯につきティーパックは1つなんじゃないのって??
1杯しか淹れていないティーパック…

それをすてるなんて とんでもない!

 

2杯目をレンジにかけています。

10年以上使っていたレンジが壊れてしまったので、新しいものを買いました。
オーブン機能もついているものなのでお菓子も焼きたいと思います。

 


2杯目の紅茶です。色、味、香りともちゃんと出ています。

「問題ない、続けたまえ」

 

 


3杯目をレンジにかけます。

… …

… … … …


3杯目です。
薄い!薄過ぎる! いきなり薄くなりましたね。

 


コーヒーフレッシュを入れてみました。
飲んでみても、ここが限界点とあきらかにわかる味です。

そんなわけで

ホットティー(1杯ずつ)では3杯が限度だと思われます。

 

アイスティー編(まとめて作る)

水出しで作ります。(お湯でまとめて作るより好きな味なので)


100均のお茶入れ(ピッチャー)です。容量は1.8ℓです。


1.8ℓにティーパック1つ入れました。


蓋をして冷蔵庫で1晩置きます。


1晩経ちました。


薄過ぎる!!

 

1.8ℓの容器にティーパック2つ入れた場合は


こんな色です。

味も含めて、ここが紅茶と言える濃さではないかと思われます。

一杯を200㏄とすると、
1800÷2÷200=4.5

アイスティーでは4.5杯が限度だと思われます。

 

まとめ

一杯ずつ作った場合は3杯が限度でした。(しかも3杯目が極端に薄かった)

一杯あたりの紅茶の値段は、ティーパック1つが6円なので

6÷3=2円です。

 

まとめて作った場合は4.5杯なので、1杯あたり

6÷4.5=1.3333… 約1.3円で済みます。

水出しした紅茶を温めればホットティーになるのでまとめて作るほうがお得に飲めます。

水出しの方が雑味も少ないので私は好きなのですが、飲みたい時にすぐ飲めないのが難点ですね。