ガス代節約!パスタの茹で方2種類

パスタは貧乏飯の味方と言われています。

たとえば業務スーパーの

このパスタは500gで89円(税込み96円)でした。パスタの1食分は乾麺の状態で100gです。500gなので5食分ですね。

96円÷5食分=1食分19円になります。

業務スーパーで売っているうどんや中華そば麺が16円前後なので、なかなかの節約食材ですね。

ですが、パスタはうどんや中華そば麺のようにさっと火を通して食べる事が出来ません。しっかり茹でればガス代がかかってしまいます。

そんなパスタですが、茹でる時間を短くする事ができます。

そんな茹で方を2種類ご紹介します。

スポンサーリンク

ガス代が節約出来るパスタの茹で方その1.フライパンで沸騰後2分茹でて火を止める


水を張ったパスタにパスタを入れました。そのままの長さではフライパンに入らないので半分に折りました。


茹でる水に塩を一つまみ入れます。


少ない水なのですぐに沸騰しました。沸騰してから2分くらいで火を止めてそのまま置いておきます。


15分ほど経ちました。パスタがこんな感じに白くなってきます。1本試しに食べてみて茹でられているか確認してください。まだならもう少しの時間放置してください。

アツアツのパスタが必要な場合は再沸騰させてください。
この方法なら、急にパスタが食べたくなった時でもそんなに時間をかける事なくガス代が節約出来ます。

ガス代が節約出来るパスタの茹で方その2.水に3時間~漬けておいて、沸騰後1分茹でる


タッパーにパスタを半分の長さに折っていれました。パスタがそのままの長さで入る容器ならもちろん折る必要はありません。

水をいれました。

蓋をしてこのまま冷蔵庫で水漬けにします。このまま一晩漬けました。朝出かける前に漬けておいて晩御飯にするのもいい感じですね。

 


一晩水に漬けたパスタです。真っ白になっています。

塩を1つまみ入れた水に、先ほどの水に漬けたパスタを入れて沸騰後に1分くらい茹でます。このように茹でたり、パスタソースと一緒に炒めるなど一度はきっちり火を通さないと美味しくないので注意してくださいね。

 

この水に漬けたパスタはガス代が節約出来る上に「もちもちで美味しい!」と評判の調理法でもあります。


業務スーパーで買ったパスタソース78円(税込み84円)をかけて食べてみたいと思います。

このパスタソースですが、2~3人前と書いてあるので貧乏飯的には3人前と判断して1/3かけます。

 

粉チーズをかけていただきます。この粉チーズはメガドンキの安売りで198円(税込み214円)で買ったものです。

 

値段  47円

パスタ 19円
ソース 28円

味  ★★★★☆-

パスタは評判の通り麺に弾力があって美味しい。ソースの酸味が好みではなかったので(-)をつけました。