皮がパリパリ身はやわらかなグリルチキン

今回ご紹介するレシピは鶏もも肉のグリルです。

貧乏飯とは少しかけ離れたイメージのメニューですが、業務スーパーなら鶏もも肉が安く買えます。

今から約1年前、冷凍ブラジル鶏もも肉は2㎏で 698円(税込み754円) でした。

ですがその後、900円弱まで値上がりしてしまいました。(いや2k900円だって相当安いんですけどね)

そして先週、業務スーパーに行った時に見た鶏もも肉は…

2㎏738円(税込み797円)に値下がりしていました!!

鶏むね肉の底値が100g48円(税抜き)に上がってしまった今、100g37円(税抜き)は貴重な価格です。

さっそく購入して家で半解凍。1枚ずつに分けた後に1枚を半分に切ってビニールに入れて冷凍保存しました。

そんな鶏もも肉をさっそくグリルにしました。

 

スポンサーリンク

皮がパリパリ身はやわらかなグリルチキンの材料

鶏もも肉

1/2枚

小さじ1/2

胡椒

好きなだけ

 

お好みでニンニクをすり込んで焼いても美味しいです。

 

皮がパリパリ身はやわらかなグリルチキンの作り方

オーブンや魚焼きグリルで焼いたチキンは皮がパリパリで美味しいですよね。ただ焼き加減が上手くいかないと身が少し硬くなってしまいます。

何度か試行錯誤した結果、皮目をしっかり焼いて身もある程度グリルした後で電子レンジで完全に火を通すという方法にたどり付きました。

このレシピは片面焼きの魚焼きグリルでの作り方になります。

1.魚焼きグリルにアルミホイルをしいておく


このホイルの上にチキンを乗せます。

2、鶏モモ肉を一口大に切り味付けをする


鶏もも肉を一口大に切りました。

 


塩小さじ1/2~1
ハーブソルトもお勧めです。

 


コショウはお好みの量で。

 


コショウをかけました。ひっくり返して裏にもかけます。

3.魚焼きグリルで両面を焼く


アルミホイルを敷いた魚焼きグリルの上に先ほど塩コショウした鶏もも肉を乗せます。
皮から焼きたいので皮の面を上にします。


付け合わせがあれば一緒にグリルします。
今回はg党務スーパーの1㎏195円(税込み210円)冷凍フライドポテトを一緒に焼きます。


家の魚焼きグリルだと中火で7分です。


皮の面が焼けました。


ひっくり返して反対側を焼きます。


家の魚焼きグリルだと4分くらい。
完全に火が通っていないくらいで充分です。


グリルが終わりました。

 

4.電子レンジにかけて火を通す


電子レンジにラップせずに入れ、火を通します。
(付け合わせのポテトはグリルだけでOKです)

 

600wで1~2分くらいです。

 

出来上がり


付け合わせのポテトもカリカリで良い感じに焼けました。

 

値段   72円

鶏もも肉1/2枚 66円
ポテト30g    6円

 

味  ★★★★★ー

貧乏飯とは思えない贅沢さです。