もやしでご馳走!もやしとミンチの卵とじ

もやしと言えば貧乏飯を代表する野菜です。

レタスやキャベツが激安な時は、もやしの方が高くつく時もありますが、いつでもほぼ一定価格で安いというのは魅力的です。

そんなもやしですが、ミンチと卵を一緒に炒めるとたちまちご馳走になります。

ミンチと卵自体が少々値を張るものですが(節約料理ではなくて貧乏飯での基準です)少量で豪華になるのでたまにはいいのではないかと思います。

今回の冬は、野菜高騰の時期が長く続いてしまったのでとうとうもやしも値上がりしてしまいました。

が、スーパーサンディに行くともやしが19円に戻っていました!!

売り場には「タイムセール」と書かれていたので一時的な特価の可能性がありますが、とにかくもやしがいつものお手頃価格で手に入ったのは嬉しい限りです。

もやしが安く手に入ったお祝いに、もやしとミンチの卵とじを作りたいと思います。

 

スポンサーリンク

もやしとミンチの卵とじの材料

もやし
一袋


一個

ミンチ肉
10~30g
味が濃厚になるので豚ミンチがお勧めです。業務スーパーで安く手に入ります。

醤油
小さじ1/2~1

粉末だしの素
小さじ1

もやしとミンチの卵とじの作り方

1.ミンチ肉を炒める


熱したフライパンにミンチ肉を入れて炒めていきます。ミンチから油が出るので油をひく必要はありません。

2.もやしを炒める


中火でもやしを炒めていきます。私はシナっとなるくらい火が通った方が好きなのでじっくり炒めています。自分の好きな火の通り具合に時間を調整してください。

3.味付けをする


粉末だしの素小さじ1入れます。


醤油小さじ1/2くらい。濃い味が好みの方は小さじ1~入れてください。

調味料が行き渡るようによく混ぜて炒めてください。お好みでこしょうをきかせても美味しいです。

4.卵を入れて混ぜる


弱火にして、卵を割り入れました。
溶き卵を入れた方がよいのかもしれませんが、面倒くさいのでそのままです。


適当に混ぜながら卵を崩していきます。


卵が好きな硬さになったら火を止めます。少し柔らかめくらいが美味しいです。

5.出来上がり

やっぱりこのしょうゆ味のもやし炒めにはご飯が合いますね。

アツアツの炊き立てご飯にのせてハフハフと食べると「貧乏飯も悪くない」という気分にさえなります。

 

値段   54円

もやし1袋 21円
卵一個   18円
豚ミンチ20g15円

 

味   ★★★★☆+

もやしをよく食べていると独特のもやし臭さが気になってきますが、このもやし炒めはそれが気にならないのが嬉しい。