卵1つとご飯で出来る!関西風天津飯

関西風と関東風の天津飯は、上にかける餡(ソース)が違います。

関西風は、醤油ベースの茶色いもので、関東風はケチャップにお酢をきかせた甘酢餡(酢豚の餡のような)なのだそうです。

でも私は、一度も関東風の天津飯を食べた事も実物を見たことがありません。

東京の天津飯の餡は赤い、と聞いた時はとても驚きました。

私は子供の頃から天津飯が好きで、家族で中華を食べに行く時はよく注文していました。

そんな天津飯が家で簡単に、しかも激安で作れると知った時は凄く嬉しくて、今でも時折作っています。

今回は、卵にも餡にも具を入れない、シンプルな貧乏飯天津飯のレシピをご紹介します。

スポンサーリンク

卵1つとご飯で出来る!関西風天津飯の材料

1個(なるべくLサイズ以上のもの)

ご飯

0.5合~0.7合

(餡の材料)
中華だし…今回はウェイパーを使用しました(和風の粉末だしでもOKです)
小さじ1/2

しょうゆ
小さじ1/2


100㏄

水溶き片栗粉
片栗粉大さじ1/2
水 20~30㏄

卵1つとご飯で出来る!関西風天津飯の作り方

1.卵を容器に割り入れて溶く

卵一個を容器に入れました。

それをお箸でかるく混ぜて溶き卵にします。

2.フライパンで卵を焼く


油をひいて熱したフライパンに溶き卵を入れ焼いていきます。私は少し固めが好きなのでしっかり焼いていますが、お好みの焼き加減でそうぞ。

3.ご飯をどんぶり等の大き目の器に入れる


まず、お茶碗にご飯を入れます。このお茶碗は小さいものなので、0.6合くらいです。


どんぶりにひっくり返して入れました。

4.ご飯に卵を乗せる

焼いた卵をご飯を包むように乗せました。

5.上にかける餡を作る


ウェイパー小さじ1/2いれました。スプーンで削りました。


しょうゆ小さじ1/2を追加


水100㏄入れました。これだけだと味が濃い目ですが、水溶き片栗粉(私は混ぜやすいように水多めで作ります)で薄まります。

好みに合わせて分量は調整してくださいね。

 


先ほどまで卵を焼いていたプライパンです。調味料を混ぜたものを入れて温めます。


水溶き片栗粉です。


フライパンの火を止め、水溶き片栗粉を入れて混ぜます。

フライパンに再び火を入れました。ずっとかき混ぜ続けてください。トロミがついたら完成です。火を止めて4.の上にかけてください。

6.出来上がり

餡をかけて完成しました。

 

値段 45円

ご飯 0.6合 25円
卵  一個  18円
片栗粉 大さじ1/2 2円

味 ★★★★☆

カニカマやグリンピースが入っていなくても天津飯は美味しい。